【不妊治療】妊活の王道!タイミング法とその裏でしたこと

不妊治療

「タイミング法」とは?

さて、前回のレディースクリニック初診から早速動き出したわたし。

善は急げと言わんばかりのスピード感で進めていくことにしました。

クリニックの医師と生理周期について共有をした上で、タイミング法を試すことに。

みなさん、タイミング法ってご存知ですか?

タイミング法は、医師の指示のもと妊娠しやすい時期に夫婦生活を行うことで妊娠の確率を上げるものです。 超音波検査・尿中のホルモン濃度から排卵日を予測し、適切なタイミングで夫婦生活を行い、妊娠を目指します。 当院では一人ひとりの排卵パターンを把握し、排卵後の確認をきちんと行うことで妊娠する確率を高めています。

恵比寿ウィメンズクリニック

この説明にある通り、“妊娠しやすいタイミング”をホルモン値や生理周期などから割り出して、

夫婦でタイミングを合わせて性交渉を行うこと、です。

子どもを持ちたいと思う多くの夫婦がこのタイミング法をおそらく試していることと思います。

ただ、クリニックで行うことによりより正確に、確実性を高められるというメリットがあります。

クリニックのタイミング法でしたこと

初回の訪問から、次の生理は大体いつ頃といった話を医師としていたため、

次回の訪問予定は生理が終了してからとのこと。

その間自分達でしてきたことは以下です。

  • 基礎体温の記録
  • 生理の始まり終わりの記録
  • 性交渉を控える
  • お酒を控える
  • なるべく身体を温めてリラックス

妊娠を考え始めてから基礎体温を測り始めました。

基礎体温って普通の体温計では測れないんですよね。例えば、ちょっと風邪っぽいかもと思って熱を測る一般的な体温計は「37.5度」とかここまでしか表示されません。

でも基礎体温計は「36.86度」とかもっと詳しく体温変化を記録できるため、

より自分の生理周期やホルモン周期の把握が正確になります。

ぜひ基礎体温はつけることをオススメします!

ちなみに、基礎体温をつける時にもコツがあるようで、必ず毎日同じ条件にしなければいけません。

基礎体温を測る時に、昨日は朝イチすぐに測ったけど、翌日は朝ご飯のスープを飲んで体が温まった後で、またその翌日は外出から帰ってきたら…

という具合に条件がバラバラになってしまうと外的な要因に影響を受けやすく全然正確なものが測れません。

私は調べた上で、枕元に基礎体温計を置いておいて、毎朝目覚ましが鳴ると同時に身体を起こす前に体温計を口に咥えて測るようにしていました。

歯も磨かず、温かいものも飲む前に!です。

昔高校生の時に聞いた話をうっすら覚えていたんですが、身体を起こしてトイレに行ってから…

などちょっとした動きだけでも体の運動による体温変化が起こってしまうとのこと。

なるべく毎日忘れずに記録しました。

この際によくあったのは、体温計を加えたまま二度寝に突入してしまうことw

そうなった場合でもまた一から測り直すなどしてなるべく毎日同じ条件で記録を始めました。

3つ目の性交渉を控えるについては、クリニックの医師からなるべく精子を元気に保つためということで、タイミング法の前に関してはなるべく控えていました。

ただし、これはタイミングを測る「前日」とかじゃなければ特に影響はないとのことです。

何週間も前から禁欲!とかしなくても平気みたいです。

お酒を控える、リラックス については完全に自分の気持ちとしてやりました。

特に医師から何か言われたわけではないので適度なお酒は楽しんでいましたよ。

何よりお酒飲むのが好きですし、仕事のお付き合いもあるのでそこはストレスになる過度なことはせず。無理せず自分なりのペースでお酒を控えるレベルにしておきました。

あとは我が家は必ず毎日お風呂に浸かる家なので、できるだけリラックスしてお風呂に浸かって身体を温めるというのは習慣としてやっていました。

ただしこれも、大きな影響がある!ということではないので、気持ち的に“リラックスできる”というレベルで無理せずやっていました。

自分の身体の変化を知ること=楽しい!

特に基礎体温をつけて思っていたことなのですが、

自分の身体の変化を知ることって楽しいです。

妊活=一生懸命こんつめなきゃ!という方に意識が行きがちですが、

女性の身体って本当に面白くて生理が始まる前後で基礎体温が面白いぐらい変化があります。

自分では普段体感できないような体温の変化が記録することでわかるので、

「へぇ!本当に基礎体温上がるんだ」とか、「セオリー通り上がってるってことは健康体なのかも」とかいろんな気づきがあって安心感にも繋がります。このタイミングで何かがおかしいと気づけるメリットもあるかもしれないとも思います。

裏を返すようですが、

逆にいうとタイミング法を試している間は、こういった地道なことぐらいしかできないのです。

他に何かをしようとすると無理が出る、相手に何かを強要するとストレスになる、

自分に制限をかけると息切れしてしまう…などなど、いろんな影響があると思います。

なるべくシンプルに、すべきことを淡々と、そして毎日を普通に生活するということが秘訣なのかもとこの時の自分の体験を振り返って思っています。

生理が終わったら

予定通り生理が始まって終わり(本当に生理周期が正確すぎて、この時ばかりは自分の身体に感謝!)

クリニックに再度行くことに。

ここからは数値との睨めっこになるため、時間感覚をあまり開けずに通うことになります。

採血してもらい数値を見て、ホルモン値上がってきてるね〜

内診して子宮の厚みなどを見てもらい、いい具合だね〜

などなど一通りの検査を2~3回やった記憶があります。

特に身体的な負担もなく、毎回の医療費も「1000円台後半〜3000円ほど」

特に薬を処方されたりといったことが私はなかったので、薬代もかかりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました