【不妊治療】タイミング法失敗、医師から告げられた言葉とは…

不妊治療

2度のタイミング法を終えてみて

レディースクリニックに通い始めて2〜3ヶ月ほど。

途中コロナに罹患してしまったりと(><)、中断していたところもあったのですが、

2度クリニックに通いながらタイミング法にトライしました。

ドキドキしながらも自分達なり医師のアドバイスを聞きつつ、

できることを取り組んだつもりです。

幸いとても良い先生だったので優しく親身にサポートしてくれて、かなり精神的なストレスは軽減されました。

最も「まずはやってみないとね!」という自分達の心持ちも良い方に作用した気がします。

しかし、2度のタイミング法でも妊娠には至らず。

自分でも自宅で検査キットをやったり、どきどきしたりの日々でしたが成果は得られませんでした。

私「なんでですかねぇ」

先生「おかしいねぇ。とても子宮の状態もいいし、ホルモン値もいい感じで上がっているんだけど…」

こんな会話が2ターンほどされます。

もしかしたら…旦那さんに原因があるのかも?

はっきりとした原因がわからないまま、

それでも闇雲にこのままタイミング法を続けていても…

そんな思いが自分の中にもありましたし、先生も前向きに次にどんなステップに進むのかを検討してくれていました。

そんな折、先生からふとこんな言葉が…

「もしかしたら、旦那さんの方に原因があるって可能性もありますね。。一度検査これますか?」

えっ…、

思ってもみなかった言葉に少々戸惑いつつも確かに言われてみたら、私の身体に原因が見つからないとすればあとは…。

妊活に前向きな相方さんなので、ここは一度検査をしてみてもらったほうがいいかもと思い、

早速帰宅してからそのことを話しました。

クリニックに通いながら調べてみてわかったことなのですが、

日本で不妊に悩むカップルは6組に1組。

さらには、そのうち女性を原因とする「女性不妊」のケースは41%、

男性を原因とする「男性不妊」のケースも24%と全体の約4分の1を占めています。

https://www.nissay.co.jp/enjoy/keizai/95.html 、https://www.lccosmos.jp/infertility_cause.html#:~:text=不妊症の原因に見る男女比について&text=女性を原因とする「女性不妊」のケースは,分りいただけると思います%E3%80%82

今や多くのカップルを悩ませている問題となりつつある不妊。

どちらに原因があったとしてもおかしくはないのだなと改めて感じました。

だからこそ、誰が悪い、どっちが悪い、相手のXXが悪いという議論ではなく、

「誰でも原因があるかも」という前提で相手を責めない話し方が大事だなと思いました。

伝える時にもなるべくサラッと、

「先生が一回旦那さんも検査してみて〜だって」ぐらいにとどめ、もしかしたらあなた不妊なんじゃ…?といった重苦しい話にならないようにしました。

男性の不妊検査って何するの?

私も含めて多くの人が不安に思うのが、「男性の不妊検査」って何をするの?だと思います。

レディースクリニックの医師に話を聞いてみたところ、

まずは「精液一般検査」をするのが流れとのこと。

男性の精液をカップに採取して、それをクリニックで調べてもらうそうです。

私が通っていたクリニックは「レディースクリニック」ということもあり、病院内では男性の検査はできないとのこと。カップなどきっとだけ受け取り、所定の日の朝に採取した精液を持ち込めば、検査を外部に依頼してくれるとのことでした。

早速日程を決めて、その日の朝一でお願いして、自分でクリニックへ持ち込んでもらうことに。

この検査自体は保険適用内なので、相方さんも初めてクリニックに来院してもらい、

初診料含めて検査費「1,180円」

結果は後日電話でということで直接相方さんへ連絡していただくことになりました。

もしかしたら、パートナーの方がこの検査自体を拒んだりする可能性もたまに耳にするので、

こんなにスムーズにいくこともないのかもしれないのですが、

精液検査は基本的には採取したものを持ち込んで(または病院内で採取して)提出するだけということで、痛みも時間拘束も大きな費用負担もほぼありません。

あとはいかに「気持ち」の部分で検査に協力してもらえるかという部分だけかと思うので、

なるべく責めない、サラッと、サクッとを心がけて話をしてみるのがいいかもしれないです。

「男の人の検査をするのも一般的なんだってさ〜、よろしくね」ぐらいのテンションでしょうか。

とにかくパートナーにも協力してもらうハードルをなるべく下げるような伝え方が、

私たち女性にできることなのかもと思います。

写真はレディースクリニックに通い始めて少し頃、沖縄でみた夕日。

こんな夕日のように包み込める温かさと心の大きさが欲しいものです…。

タイトルとURLをコピーしました